【2018年最新版】失業手当はいくらもらえるのか?給付額をアップさせる最強の方法とは

2019年1月7日

  • 今の職場が自分に合わない
  • パワハラに耐えられない
  • 自分が本当にやりたいことを見つけたい
  • 出産、育児で仕事に手がつかない

など、様々な仕事の悩みを抱えている方が、大勢いることと思います。

そして、やりたかった仕事、望んだ職場、新たなステージに向かうために多くの方が転職の道を選んでいます。

そのためのファーストステップとして、失業手当をしっかり受給しましょう。

このサイトでは、再就職の後押しとなる失業手当について詳しく解説し、あなたのキャリアアップを応援していきます。

失業手当っていくらもらえるの?

Left Caption

Left Caption

今の職場はやりがいを感じられないんです・・・
すぐにでも転職したいのですが、妻にも心配かけますし自分には3歳になる息子と今年生まれたばかりの娘がいて辞めたくても辞められないんです・・・
Right Caption

Right Caption

そうなんですね、再就職するまでの間に収入がなくなるのは辛いですよね・・・
しかし、これからご紹介する国の制度を活用すれば再就職までの間の生活費を国から受給する事ができます!

失業手当の受給金額

失業手当の受給金額は、主に2つの要件によって決まります。

  1. 基本手当日額
  2. 所定給付日数
つまり、基本手当日額×所定給付日数が受給金額となります。

1. 基本手当日額

基本手当日額とは、雇用保険で受給できる基本手当の1日当たりの金額です。

これは、原則として離職した日の直前の6か月に毎月決まって支払われた賃金の合計を180で割って算出した金額のおよそ50~80%と決められています。

また、基本手当日額は年齢区分ごとにその上限額が定められており、現在は以下とおりです。

年齢区分に応じた基本手当日額の上限額

年齢区分 上限額
29歳以下 6,750円
30歳~44歳 7,495円
45歳~59歳 8,250円
60歳~64歳 7,083円

2. 所定給付日数

所定給付日数とは、基本手当の支給を受けることができる日数です。

これは、年齢や雇用保険の被保険者であった期間、離職理由などから決められ、90日から360日まであります。

主に、離職理由が自己都合会社都合の2つのパターンがあり、所定給付日数に違いがあります。

自己都合の場合の所定給付日数

年齢区分 被保険者であった期間
1年未満 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上
全年齢 90日 120日 150日

会社都合の場合の所定給付日数

年齢区分 被保険者であった期間
1年未満 1年以上5年未満 5年以上10年未満 10年以上20年未満 20年以上
29歳以下 90日 90日 120日 180日
30歳~34歳 120日 180日 210日 240日
35歳~44歳 150日 240日 270日
45歳~59歳 180日 240日 270日 330日
60歳~64歳 150日 180日 210日 240日

自己都合と会社都合の詳しい違いについては以下の記事で解説しています。

Left Caption

Left Caption

つまり今の月給が手取りで23万円なので基本手当日額は、5,276円
そして所定給付日数は、90日
ということは合計で5,276×90日で474,840円もらえるという事ですね!
失業手当って結構もらえるんですね!
Right Caption

Right Caption

はい!この制度を利用することで安心して再就職活動へ望むことができます!

ポイントこのように、受給される金額は人によってケースバイケースです。失業手当計算ツールであなたの受給金額を計算してみましょう!

そもそも失業手当ってなに?

失業手当とは求職活動の援助金

失業手当とは、雇用保険によって失業者の生活の安定を図り、求職活動を援助するために給付されるものです。

失業者の再就職を金銭的に支援することで、雇用の促進や安定化を図るねらいがあります。

Left Caption

Left Caption

なるほど、失業手当は求職活動を支援してくれるものなんですね!
たしかに新しい職場が見つかるまでは収入がないのでありがたい制度ですね!
Right Caption

Right Caption

すぐに仕事が見つかればいいのですが、実際問題簡単にはいかないこともあるので
そんなときはすごく助かる制度ですね!
Left Caption

Left Caption

雇用保険ってこんなところで使われているんですね!

受給するための要件ってあるの?

Right Caption

Right Caption

さて、失業手当の事はご説明した通りですが、受給するための要件は満たしていますか?
Left Caption

Left Caption

よ、要件ですか・・・?
自分でも要件を満たせるでしょうか・・・

失業手当の受給要件は4つある

失業手当を受給するための要件は、4つあります。

  1. すでに離職し、失業している
  2. 離職前に一定の資格期間を満たしている
  3. 1と2の要件を満たす受給資格者が求職の申込をしている
  4. 失業の認定を受けている

以上の要件を満たすと、公共職業安定所(ハローワーク)所長により支給決定処分が行われます。

Left Caption

Left Caption

2つ目の「一定の資格期間」ってなんですか?
Right Caption

Right Caption

雇用保険法第13条によると、原則として、離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算して12か月以上ないとダメなんです。
特定受給資格者や特定理由離職者については通算6か月以上あれば大丈夫です。
Left Caption

Left Caption

やっぱり、しっかりとしたルールがあるんですね。
ちゃんと把握することが必要ですね!

受給できる期間は決まっている!?

実は、受給期間は原則として、離職した日の翌日から起算して1年間と決まっています。

この期間中に、所定給付日数分の給付が支給されます。この期間を過ぎると、たとえ所定給付日数が残っていても給付を受けることはできません。

Left Caption

Left Caption

そうなんですね・・・
まだ残っているのに給付を受けることができなくなるなんて最悪。。。
Right Caption

Right Caption

もし、退職する予定があるなら早めの検討が肝心ってことです。
Left Caption

Left Caption

はい!さっそく検討してみます!

退職前にプロの専門家へ相談すると国から最大700万!?

Left Caption

Left Caption

え!?自分は手取り23万円だから47万円しかもらえないはず・・・
Right Caption

Right Caption

確かにそうですが、退職前プロの専門家相談することで最大700万円給付金を受け取れる可能性があります!
Left Caption

Left Caption

なんと、そんなことが可能なんですね!
Right Caption

Right Caption

はい、ただしいくつか条件があり、それに適用していなければなりません。

退職コンサルティングの条件

この退職コンサルティングを受けるには4つの条件があります。あなたにも当てはまるか確認しましょう。

  • 退職日までに社会保険に1年以上加入している
  • 退職日まで現在1ヶ月以上の余裕がある
  • 過去に傷病手当を受給したことがない
  • 有給が4日以上ある

以上の条件を満たしていれば、多くの給付金を手にするチャンスがあります。

Left Caption

Left Caption

大丈夫です。条件を満たしています!
Right Caption

Right Caption

はい、それでしたら、退職コンサルティングを行っている全国失業者支援会についてご案内させていただきます。

全国失業者支援会

全国失業者支援会では、退職に関するサポートを行っており、その一環として失業手当の相談もすることができます。

ハローワークと異なるのは民間という点だけではなく、専任のプロによる手厚いサポートを受けることができる点です。

つまり、あなたに合った最良の受給手続きによって失業手当を損することなく受給できるということです。

他にも以下のような特徴があります。

退職コンサルティングで給付額2倍以上に!?

あなたが条件に満たしている場合、退職コンサルティングによって、本来よりも多くの給付金を手にすることができます。また、現在の労働条件によって給付額は変わりますが、場合によっては給付額が2倍以上になることもあります。

実際に退職コンサルティングによって給付額が増えた方の事例をご紹介します。ぜひご参考ください。

Sさん 30代女性の場合
以前の職業飲食店(正社員)
以前の雇用期間12年
以前の年収260万円
退職の理由職場でのいじめ

Sさんは、以前から心身の不調に悩まされ、今の仕事を辞めたいと考えていました。そこで退職コンシェルジュに相談したところ、条件を満たしていたので本来よりも多くの給付金を得られることが分かりました。そして、翌月末に会社を退職し、すぐに手続きを開始しました。退職後の1ヶ月後から給付が開始され、総額390万円の給付金を手にすることができました。

本来の給付金
100万円
実際の給付金
390万円
Kさん 30代女性の場合
以前の職業コールセンター(派遣社員)
以前の雇用期間15年
以前の年収300万円
退職の理由心身の不調

Sさんは、以前から心身の不調に悩まされ、今の仕事を辞めたいと考えていました。そこで退職コンシェルジュに相談したところ、条件を満たしていたので本来よりも多くの給付金を得られることが分かりました。そして、翌月末に会社を退職し、すぐに手続きを開始しました。退職後の1ヶ月後から給付が開始され、総額430万円の給付金を手にすることができました。

本来の給付金
120万円
実際の給付金
430万円
Yさん 40代男性の場合
以前の職業会社員
以前の雇用期間20年
以前の年収650万円
退職の理由長時間残業

Yさんは、精神的ストレスや長時間の残業に悩み、転職を考えていました。退職コンシェルジュに相談したところ、条件を満たしていたので多くの給付金を得られることが分かりました。そして、翌月末に会社を退職し、すぐに手続きを開始しました。退職後の1ヶ月半後から給付が開始され、総額650万円の給付金を手にすることができました。

本来の給付金
270万円
実際の給付金
650万円

ご相談から給付までの流れ

退職コンサルティングのご相談は、東京事務所での対面対応はもちろん、遠方の方はお電話やメールでの対応も可能です。下記の図は、実際のご相談から給付までの一例を示しています。

すぐに相談してみましょう

退職を考えている方で、退職コンサルティングを希望の方は早めのご相談が必要となります。早めのご相談は退職、再就職の不安を解消するだけでなく、あなたの退職後の未来を大きく変えるためにも大変重要なことです。退職コンサルティングに関するご相談は何度でも無料です。下記の連絡先からお問い合わせができますのでお気軽にご連絡ください。

全国失業者支援会に無料相談してみましょう

全国失業者支援会